古代から近代まで、八幡に伝わる文化財、歴史資料や美術品をご紹介します。
また、山形から里帰りする「八幡名物」として愛された文化財や、山形に伝わる著名な茶道具コレクションより「利休 茶杓」など2点の茶道具も特別展示!
八幡の歴史や文化、山形と京都をつなぐ茶の湯文化に思いを馳せてください。

令和3年 秋季企画展 
やわたで愛された地域のたからもの~つながる文化財~

会場/八幡市立松花堂美術館

会期/10月23日(土)~12月5日(日)

開館時間/午前9時~午後5時

観覧料/一般500円、大学生400円、18歳以下無料

庭園共通券/一般550円、大学生440円


※このページを提示で団体料金を適用!
例:庭園共通券 一般550円 → 450円

松花堂昭乗画烏丸光廣賛「鶏図」慈光明院蔵
松花堂昭乗筆「三十六歌仙色紙 藤原高光」松花堂美術館蔵

やわたで愛されるおすすめ紅葉スポット

※画像クリックで紅葉スポットリンク先に移動

国 指 定 名 勝・松 花 堂 庭 園

神 應 寺

善 法 律 寺

男 山 展 望 

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました