茶室

松隠
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

数寄屋研究の第一人者・中村昌生先生が設計した茶室。九畳の広間では、月釜会や松花堂忌茶会など主要な茶会で使用しています。また四畳台目茶室「閑雲軒」は、小堀遠州が松花堂昭乗のために建てた茶室を再現したものです。

竹隠
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

江戸時代から4代続いた京都の数奇屋大工・木村清兵衛が建てた茶室の写しです。四畳半の茶室で、琵琶床が特徴です。

梅隠
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

数寄屋研究の第一人者・中村昌生先生が設計した茶室で、八畳の広間と四畳半の小間からなります。千宗旦好みの小間には内露地が設けられており、貴人口から内露地に入るようになっています。

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、最大収容人数を制限しております。
*営業目的で利用する場合の使用料金は、記載の2倍の額となります。
*利用の許可を受けた方が、利用しようとする日の前日または翌日に、準備または撤収のため利用する場合の使用料金は、記載の1日料金の記載の10分の3の額となります。

*営業目的の内容によっては、ご利用いただけない場合があります。

タイトルとURLをコピーしました